数量限定 PORMIDO PR998 ドライブレコーダー ミラー型 12インチ フロントカメラ本体から分離式 ソニーIMX335センサー

数量限定 PORMIDO PR998 ドライブレコーダー ミラー型 12インチ フロントカメラ本体から分離式 ソニーIMX335センサー

数量限定 PORMIDO PR998 ドライブレコーダー ミラー型 12インチ フロントカメラ本体から分離式 ソニーIMX335センサー

商品説明

フロントカメラはミラーモニター本体と分離タイプのPR998の仕様書:
●モニター:12インチIPS液晶
●録画解像度:フロント:1920×1080P  リア:1920×1080P
●フレームレート :フロント27.5fps/リア27.5fps
●リアカメラ防水:IP69K
●録画モード:ループ録画(1/2/3分)
●記録方式:常時/緊急/駐車監視
●GPS:サポート(GPSアンテナ付属)
●Gセンサー:内蔵
●動画ファイル形式:TS
●写真ファイル形式:JPG
●メモリーカード:microSD(最大128GBまでサポート可能、Class10必須)
●電源:DC12V-24V(本体電源入力:DC5V)
●本体サイズ:290mm*69mm*15mm   リアカメラサイズ:56mm*35mm*25mm   フロントカメラサイズ:56mm*33mm*30mm

業界唯一の12インチフロントカメラをミラー本体から完全に分離式を登場しました!
従来のルームミラー ドライブレコーダーのデザインと違って、本製品には、フロントカメラがミラードライブレコーダー本体から外して、日本道路対応してミラーを傾けても道路中央を中心に撮影することができるようになりました。そしてフロントカメラが小さくて、運転中の視界を妨げません。ちょうどいい位置を調整できます。1台は3台機能を実現できます!「ルームミラーモニター・フロントドライブレコーダー・リアドライブレコーダー」さらに自動ブレーキシステム搭載車にも対応します。
暗視機能を進化しました!
フロント/リアカメラともにフルHD(1920×1080)27.5fpsの高解像度でナンバーまでくっきり。事故の記録としてだけでなく、ドライブや旅行の思い出を記録するのにも敵した画質です。ソニーIMX335センサー、7層光学ガラスレンズ、フロントF1.8/リアF2.0レンズ採用しているし、前後カメラHDR/WDR機能付いていますので、トンネルの出入り口逆光などの明暗差で起きる「白飛び」「黒つぶれ」を抑え、鮮明な映像を映します。夜間の自動光補充と強い光の抑制を実現しています。1080Pの解像度は1296Pおよび2Kの録画と比較して、録画ファイルも小さく、本体の発熱を抑えることができます。【注意】:市1440 P、1296Pおよび2Kが本体のメニューデータの解像度だけを表示している、実際に録画された動画の解析度ではない。
駐車監視機能を進化しました!
「車両のバッテリーから常時電源なんて、すぐバッテリーが上がってしまうのでは?」ご心配無用です。弊社の新型駐車監視ケーブル(番型:PR02X)をご使用すると、バッテリー上がり対策機構付き。バッテリー電圧が設定値(12.1V/11.8V/11.3Vの3段階切替)を下回ると、その時点でPR02X駐車監視ケーブルの電源供給をストップしてタイムラプス常時監視を停止します。PR02X駐車監視ケーブルの操作コンソールには電源ボタンもついていますから、長期の不在時は電源をオフにすればさらに安心。またタイムラプス常時監視を使わない場合は、常時電源接続用の黄ケーブルのみをACC電源にさせば、エンジン起動時しか電源供給されなくなります。。車が運転中に駐車監視モードがONでも通常通りに使う事ができます。駐車中に衝撃を検知すると、ドライブレコーダーは自動的にオンになり、30秒程度録画してから、自動的にオフになります。
PR998専用の駐車監視ケーブル(PR02X)のASIN:B08FT4HZDP
2重の映像と光反射防止を進化しました!
いつも12インチの50%反射率、50%透過率ガラスより高透過率70%の新しい素材を採用し、高い光通過率と低い光反射率を実現しています。真昼の日光の中で運転しても映像が二重になりません。
2カメラ同時高画質録画可能1080P(フルHD)+1080P(フルHD)
フロント・リアともに200万画素カメラセンサー採用で、高画質カメラで前後同時に滑らかな映像を記録。事故の記録としてだけでなく、ドライブや旅行の思い出を記録するのにも適したキレイな映像が楽しめます。

HDR/WDR機能搭載
HDR/WDR機能で黒つぶれや白飛びを防止。夜間やトンネルでの明暗さなどもしっかり補正して、キレイな映像を記録します。

GPS搭載:Windows+MACシステム対応
映像と共に位置(緯度・経度)、日時・速度・走行軌跡などさまざまな情報を記録します。日時設定しなくてGPSからの信号で日時情報を得られるため、いつも正しい日時で記録できます。

タイムラプス駐車監視
車が運転中に駐車監視モードがONでも通常通りに使う事ができます。駐車中に衝撃を検知すると、ドライブレコーダーは自動的にオンになり、30秒程度録画してから、自動的にオフになります。タイムラプス駐車監視機能を実現できます。

車線逸脱警報搭載
LDWS(車輪逸脱警報機能)がついているから、車線をはみ出てしまうようなことがあると警告音でお知らせ。映像出力時は警告音のみ、ミラー状態の場合は表示と警告音の両方で知らせてくれます。LDWSは、40km/h以上で作動し、事前にOFF設定にすることも可能です。ご注意:天気の状態により、この機能の正確率が40%の場合もあります。「雪の日、台風の日、雨の日など」昼には、機能の正確率が90%です。夜には、正確率が60%です。もし、お気になると、メニューに車輪逸脱警報機能をオフにしてご使用することお勧めします。

3モード画面表示切替 
常時録画画面でフロントカメラ全画面表示モード・リアカメラ全画面表示モード・前後同時表示モードを切替できます。エンジン連動起動する時、リアカメラ全画面表示する可能です。

熱対策済み
一般的なドライブレコーダーが50-60℃の温度までの環境に使用しかありませんが。PR998のミラー型ドライブレコーダーがマザーボードに特別な処理したので、高温度の90℃の温度の環境でも問題なく動作できます。

衝撃録画(G-センサー搭載)/ループ録画/常時録画/マニュアル録画!
衝撃録画(G-センサー搭載)
強い振動が感知されるとその時録画されていたファイルがロックされます。大切なデータが上書きされてしまうことがなく、もしもの時も安心です。
常時録画
エンジン始動と同時に自動的に起動します。決定的瞬間の「撮り忘れ」を防止します。シガーソケットと電源が連携しているため、エンジン後1秒後にドライブレコーダー電源がONになり、自動的に録画をスタートします。だから、撮り忘れも心配もありません。
マニュアル録画

タッチパネルで操作しやすい
●ケーブルを接続するだけで設置でき、またいくつかの単純タッチパネルで操作可能で、どなたにも簡単にご使用いただけます。はじめてのご使用でも、問題なく設置し、操作を理解できます。「日本語説明書付き」
●モニター画面をタッチ・スライドで各種設定、明るさやカメラ表示アングルも調整できます。
●モニターにタッチすると日本語メニュー画面を表示します。
●表示カメラ切替や各種設定が画面上で操作できます。

●モニターの真ん中の上部にタッチし左右にスライドすると画面の明るさを手動で調整できます。

リアカメラ用カメラケーブル10m仕様/ガイドラインDIY可能
リアカメラ用カメラケーブル10m仕様ですので、様々な車に対応可能です。ワンボックス車などの大きな車も可能です!バック連動対応できます。ガイドラインの長さと角度を自由にDIYでき、車高により最適なガイドラインが選択できます。セキュリティ抜群:ミラーで後方の可視角度が上下調整でき、死角を減らします。

引用元

おすすめの記事